H.I.S.上海

上海をもっと楽しく!H.I.S.上海へようこそ!

NAV

お荷物預かりサービス

wechat

HIS流出張手配

法人・団体イベント

海外旅行保険

ビザ・パスポート残存/必要情報

日本Wi-Fi

123

H.I.S.上海

わかりやすい行き方はこちら
地下鉄2・10号線南京東路駅2番出口徒歩5分
上海市黄浦区漢口路266号申大厦3階
営業時間 9:30~18:00(日・祝休業)

■航空券、海外・国内旅行

電話:021-6329-8866

Mail:info@his-shaout.cn

■上海市内ホテル・日帰り旅行

電話:021-6329-7878

Mail:sales@his-shain.cn

■法人・団体旅行セクション

電話:021-6333-2690

Mail:hojin@his-shain.cn

■中国語対応(訪日査証など)

電話:021-6329-8866

Mail:china@his-shaout.cn

メールマガジン登録

メール:
氏名:
性別:
希望: 登録配信停止

H.I.S.北京::H.I.S.北京支店

H.I.S.広州::H.I.S.広州支店

H.I.S.蘇州::H.I.S.蘇州支店

医疗旅游日本广告 医疗旅游日本广告

高鉄で行く鎮江日帰りツアー

三国志ゆかりの地と黒酢の里を巡る

高鉄で行く鎮江日帰りツアー

  • 催行日: 10月24日(土)、11月22日(日)
  • 時間: 08:00~19:00頃
  • 催行人数:10名

550

お問い合わせ

大人550元
子供(2歳以上12歳未満):500元
※高鉄(新幹線)1等席アレンジ代金(往復):追加150元/1名様あたり

ツアーポイント

【鎮江名物・鎮江香醋(黒酢)】
中国3大名酢の1つ。もち米から作られた米酢を発酵させて酒を作った後、もみがらを加えて攪拌し、酢酸菌を用いて酢化させます。3週間ほど掛けて酢化させた後、半年から数年の間熟成させます。 熟成により刺激味が少なくなり、アミノ酸による風味が濃厚で香りも良いのが特徴である。長いものでは8年も熟成されると言われております。

◆中国醋文化博物館
鎮江香酢を中心に、中学の【酢文化】を学ぶことができる博物館です。伝統的な酢造りの作業場や、現代の製造過程が見学できます。

◆北固山
三国時代、呉の孫権が「鉄瓮城」を築きました。山内には三国志にゆかりの史跡や逸話が多く残されています。孫権と劉備玄徳が、曹操を滅ぼす為に「天に念じて石を切った」という故事に因んで作られた【十字紋石】や、【甘露寺】、阿倍仲麻呂の【望月望郷の詩碑】などが有ります。

◆甘露寺
北固山頂上に立つ甘露寺は呉の孫皓が264年に創建した寺院で【三国演義】の五十四段の舞台になった場所です。三国志ファンには必見の場所でもあります。

◆西津渡
六朝時代に建設が始まり、唐・宋・元・明・清の時代を経て、現在の規模となりました。現在も宋代の雰囲気が残されている所から、別名【宋街】とも呼ばれます。現在は内部構造は昔のまま、外装を直し商店がならぶ再開発エリアと、イギリス領事館などを残す歴史地区に分かれています。
  • <br />
<b>Notice</b>:  Undefined index: optionals_title in <b>/var/www/vhosts/his-china.com/admin.his-china.com/httpdocs/templates_c/298ec2875546c2446da320483006b7d4df130ade.file.optionals.detail.tmpl.php</b> on line <b>219</b><br />
::ツアーポイント

ツアースケジュール

日/時
スケジュール
宿泊【食事】
08:00頃
高鉄(2等席)にて上海(虹橋)から鎮江(南)へ。
09:45頃
鎮江(南)着、現地係員と合流し、鎮江観光へ。
10:30頃
宋の街並みを再現した「西津渡古街」散策。
11:30頃
鎮江名物「鍋蓋麺」「水晶肴肉」含む昼食。
13:00頃
鎮江三山の1つ北固山の山中にある甘露寺を観光。
【劉備と孫権の妹がお見合いを場所として有名です】
15:00頃
黒酢だけでなく【中国酢文化】を展示する「中国醋文化博物館」を見学。
館内では伝統的な酢造りの作業場や、現代の製造過程が見学できます。
17:00頃
高鉄(2等席)にて鎮江(南)から上海(虹橋)へ。
18:30頃
上海(虹橋)着、解散。

お申込み注意事項

上海⇔鎮江の高速列車にはガイドは同乗いたしません。高速列車の乗車にはパスポートの提示が必要となります。ご出発当日は必ずパスポートをご持参ください。
《旅行条件》◆高鉄:2等席◆添乗員: なし。現地係員。◆最少催行人員:10名 ◆食事:昼1
◆当日の進行具合等により、観光の順番が変更になる可能性あります。◆送迎および観光中は混乗観光となります。◆掲載写真は全てイメージとなります。

ページの先頭に戻る